チャオ~!

さーて今回は、白ワイン回です!赤より白ワインが好きなので、テンションアゲアゲでいきます!!笑

白ワインは、白ブドウから作られます。白ブドウの有名どこを挙げるとすると、

シャインマスカットやアレキサンドリアなどがあります!

シャインマスカットってすごく甘くて美味しいですよね^^食べ始めると止め時がわかんなくなる、あるある!

白ワインは発酵時に果汁のみを使用します。赤ワインのように、果実丸ごとは発酵させないんですねぇ。

その熟成期間によって、スッキリとした辛口になったり、またとろけるような甘口にもなれる2面性を持っているのが白ワインなのです。

よくワインの色と同色の食材を合わせるとバランスが良いと言われますが、

白ワインだと、白身魚や貝類をふんだんに使ったアクアパッツァは定番です!

他にも、カルパッチョやマリネ、ムニエル、和食にも意外と合う!!

味の特徴も踏まえつつ、品種紹介へと参りましょう~~

まずはシャルドネ!王道中の王道!世界中で栽培され、その土地の気候によって味わいが大きく変わります!発祥はフランスのブルゴーニュ地方と言われています。

続きまして~、ソーヴィニョン・ブラン!こちらの品種も世界中で栽培されており、爽やかな辛口ワインが多いです。温暖な気候でも冷涼な気候でも栽培可能で適応力が高いのがこの品種の特徴でもあります。

そしてリースリング!ちなみに一番好きな品種です!とにかく冷涼な気候を好むリースリング。主にフランスのアルザス地方やドイツを中心に辛口から甘口まで幅広い白ワインに使われています。貴腐ワインという極甘口のワインにも使われております。

スッキリとした飲み口が好きな方はソーヴィニョン・ブラン、フルーティな味を楽しみたい方はリースリングから試してみるといいかもしれませんね!!

次回はロゼワインについてです!またお会いしましょう~

アディオス!!!